公式略年譜

1998年

デビュー。小説『13』(幻冬舎)を刊行する。2月25日の出来事。

1999年

小説『沈黙』(幻冬舎)を刊行する。

2000年

小説『アビシニアン』(幻冬舎)を刊行する。

2001年

小説『アラビアの夜の種族』(角川書店)を刊行する。

2002年

ひたすら小説を執筆する。

2003年

村上春樹作品のトリビュート小説『中国行きのスロウ・ボートRMX』(メディアファクトリー。 文庫版は『二〇〇二年のスロウ・ボート』と改題し文春文庫に収録)を刊行する。
小説『サウンドトラック』(集英社)を刊行する。

2004年

小説『ボディ・アンド・ソウル』(双葉社)を刊行する。
小説『gift』(集英社)を刊行する。

2005年

小説『ベルカ、吠えないのか?』(文藝春秋)を刊行する。
小説『LOVE』(祥伝社)を刊行する。
小説『ロックンロール七部作』(集英社)を刊行する。
翻訳家の柴田元幸さんと初めて人前に出るイベントを行ない、朗読も試みる。

2006年

小説『ルート350』(講談社)を刊行する。
小説『僕たちは歩かない』(角川書店)を刊行する。
「朗読ギグ」と銘打ったライブハウス・ベースの朗読活動を始める。
青山ブックセンター六本木店にて不定期イベント「古川日出男ナイト」が始まる(2010年5月まで全10回開催)。

2007年

小説『サマーバケーションEP』(文藝春秋)を刊行する。
小説『ハル、ハル、ハル』(河出書房新社)を刊行する。
小説『ゴッドスター』(新潮社)を刊行する。
文芸誌「新潮」に朗読CD 『詩聖/詩声 日本近現代名詩選』を発表する。
ミュージシャンの向井秀徳さんと東京、京都、福岡でライブ・セッションを行なう。

2008年

小説『聖家族』(集英社)を刊行する。
向井秀徳さんと広島でライブ・セッションを行なう。

2009年

対談集『フルカワヒデオスピークス!』(アルテスパブリッシング)を刊行する。
フルカワヒデオプラス名義のCD『MUSIC: 無謀の季節』(HEADZ)をリリースする。
コンテンポラリー・ダンサーの黒田育世さんとの二人舞台『ブ、ブルー』を制作し、川崎市アートセンターで上演する(黒田育世×古川日出男『ブ、ブルー』予告|YouTube)。
200分間連続のマラソン的朗読イベント『フルカワヒデオ200ミニッツ』を東京・渋谷のライブハウス O-nestにて敢行する。

2010年

小説『MUSIC』(新潮社)を刊行する。
雑誌「COYOTE」特集号のためメキシコシティに3週間滞在する。
小説『4444』(河出書房新社)を刊行する。
小説/非小説の境界上にある作品をまとめた『ノン+フィクション』(角川書店)を刊行する。
文芸誌「早稲田文学」に朗読DVD『聖家族 voice edition』を発表する。
朗読&小説担当として参加した the coffee group のCD『ワンコインからワンドリップ』(HEADZ)をリリース、ライブ・イベントも行う。

2011年

小説『TYOゴシック』(ヴィレッジブックス)を刊行する。
小説『馬たちよ、それでも光は無垢で』(新潮社)を刊行する。
CDブック『春の先の春へ 震災への鎮魂歌/古川日出男、宮澤賢治「春と修羅」をよむ』(左右社) を刊行する。
画家の近藤恵介さんとのコラボレーション展『東方恐怖譚』 をギャラリーカウンタック清澄にて開催し公開制作も行う。
イラストレーター/アートディレクターの黒田潔さんとの二人展『舗装道路の消えた世界』をギャラリー PUBLIC/IMAGE.3D にて開催する。
脚本・演出を手がける朗読劇「銀河鉄道の夜」プロジェクトを始動する。
雑誌「monkey business」の2度のローンチ・ツアー(春:ニューヨーク、秋:トロント)に参加する。

2012年

『ベルカ、吠えないのか?』フランス語版(パトリック・オノレ訳 Editions Philippe Picquier)が刊行される。
小説『ドッグマザー』(新潮社) を刊行する。
黒田潔さんとの共著となるビジュアルストーリーブック『舗装道路の消えた世界』(河出書房新社)を刊行する。
ふたたび近藤恵介さんとの展覧会『覆東方恐怖譚』を代官山蔦屋書店で開催、公開制作も行なう。
朗読劇「銀河鉄道の夜」プロジェクトで春と秋に東北ツアーを敢行する。
フランスのパリで開催された国際ブックフェア「サロン・デュ・リーヴル」に招かれる。
イギリスのイーストアングリア大学で行われた翻訳ワークショップに翻訳家マイケル・エメリックさんと共に参加する。
東京国立近代美術館のイベント企画「14の夕べ」に参加する。
『ベルカ、吠えないのか?』英語版(マイケル・エメリック訳 Viz Media)が刊行される。

2013年

デビュー15周年記念イベント「声を狩る2013」を開催する。
小説『南無ロックンロール二十一部経』(河出書房新社)を刊行する。
東京国際文芸フェスティバルに参加する。
朗読劇「銀河鉄道の夜」プロジェクトで関西・四国ツアーを敢行する。
『ベルカ、吠えないのか?』イタリア語版(ジャンルーカ・コーチ訳 Sellerio editore)が刊行される。
『馬たちよ、それでも光は無垢で』フランス語版(パトリック・オノレ訳 Edition Philippe Picquier)が刊行される。
ミュージシャンの後藤正文さんと東京・青山のライブハウスでセッション・イベントを行う。
イベント「東へ北へ2013ーアサヒアートスクエアより」を開催する。
漫画家の後藤友香さんとの共著で絵本『コレクションさん』(青林工藝舎)を刊行する。
福島県郡山市にて自ら学校長を務める「ただようまなびや 文学の学校」を開校する(2015年秋までに岩手分校を合わせて4回開催)。
CDブック『ミグラード 朗読劇「銀河鉄道の夜」』(勁草書房)に脚本を所収する。
韓国の「イ・ビョンジュ文学祭」に招かれ、ソウルと河東でシンポジウムに参加する。
2年半にわたって連載した『小説のデーモンたち』(スイッチ・パブリッシング)を単行本として刊行する。
ロシアのモスクワで開催されたブックフェア「NON/FICTION」に招かれサンクトペテルブルクとモスクワでイベントを行う。

2014年

戯曲『冬眠する熊に添い寝してごらん』(新潮社)を刊行、蜷川幸雄さんの演出で上演される(東京:シアターコクーン、大阪:森ノ宮ピロティホール Bunkamura25周年記念 冬眠する熊に添い寝してごらん)。
仏・ピキエ社の招きで南仏アルルに2週間滞在し、講演・講義・朗読イベントなどを行う。
そのまま管啓次郎さん+石田瑞穂さんの二人の詩人とのプロジェクト「見えない波」仏英ツアーに合流しルーアン、パリ、ロンドン、リールにてイベントを行う。
河合宏樹監督のドキュメンタリー映画『ほんとうのうた〜朗読劇「銀河鉄道の夜」を追って〜』が公開される。
「monkey business」の2度のローンチ・ツアー(春:ニューヨーク、秋:サンディエゴ+ロサンゼルス)に参加する。
『ベルカ、吠えないのか?』ロシア語版(エカテリーナ・リャボヴァ訳 HYPERION)が刊行される。
『馬たちよ、それでも光は無垢で』アルバニア語版(Marjeta Thomaj訳 LIRA)が刊行される。

2015年

『平家物語』翻訳作業に取り掛かる。小説『女たち三百人の裏切りの書』(新潮社)を刊行する。
『サウンドトラック』フランス語版(パトリック・オノレ訳 Edition Philippe Picquier)が刊行される。

2016年

小説『あるいは修羅の十億年』(集英社)を刊行する。
『馬たちよ、それでも光は無垢で』英語版(ダグ・スレイメイカー&アキコ・タケナカ訳 Columbia University Press)が刊行される。
「monkey business」ローンチ・ツアー(ニューヨーク+シカゴ)に参加する。
横浜のライブハウスにて後藤正文さん、小島ケイタニーラブさんとライブ・セッションを行う。
朗読劇「銀河鉄道の夜」に特別ゲストとして後藤正文さんを迎え特別バージョンの脚本を制作、KESEN ROCK FESTIVAL’16にて上演する。
近藤恵介さんとの3度めの展覧会『ダンダンダン。タンタンタン。』を代官山LOKO GALLERYにて開催、オープニングに行った公開制作のもようを収録した映像の上映会も開催する(近藤恵介・古川日出男ダンダンダン。タンタンタン。 – LOKO GALLERY)。
女優・青柳いづみさん+音楽家・蓮沼執太さんと共に朗読パフォーマンス作品『偽ガルシア=マルケス』を制作し東京都庭園美術館にて上演(東京都庭園美術館|TTM:IGNITION BOX(イグニションボックス)2016 / 17)、同時に小説『偽ガルシア=マルケス』をAmazon Kindleで発表する。
『平家物語』現代語訳(河出書房新社)を刊行する。

2017年

マイケル・エメリックさんに招かれUCLAで10週間にわたるゼミを担当、ロサンゼルスに3カ月滞在する。
オレゴン大学に招かれイベントを行う。
『中国行きのスロウ・ボートRMX』英語版(デイヴィッド・ボイド訳 Pushkin press)が刊行される。
小説『平家物語 犬王の巻』(河出書房新社)を刊行する。
高知県の五台山竹林寺にて向井秀徳さん・坂田明さんと共に「平家物語 諸行無常セッション」を行う。
フィンランドのラハティ市で行われた国際作家会議「LIWRE」に招かれる。
小説『非常出口の音楽』(河出書房新社)を刊行する。
批評家・佐々木敦さんの発案によるイベント・シリーズ「フルカワヒデオ、戯曲を読む!」(SCOOL)を始動する。
ワークショップ「みちのくアート巡礼キャンプ」に講師として参加する。
トロントで行われた国際作家祭「IFOA」に招かれる。
早稲田大学で開催された国際シンポジウム「東アジアの文学・文化研究とナショナリズムの陥穽」に参加する。
朗読劇「銀河鉄道の夜」の脚本を全面改稿し、青森県の八戸で上演する。

2018年

小説『ミライミライ』(新潮社)を刊行する。