【400字以内小説】#7 いま、ここにいないとしても

「いま、ここにいないとしても」

「ねえ、あの世ってあるの?」 「あの世ってなんだい?」 「いわゆる死後の世界」 「死後の世界は、あるよ。もちろんある」 「断言できるんだ?」 「だって、死後にも世界はあるのは当然だ。死んでからも世界は続いている」 「あのさ、意味の取り違えが、起きてない?」 「『死後の世界がある』ことと『死後に世界がある』ことはおんなじだ。だって、ある人間がさ、男でも女でも日本人でも外国人でもいいんだけどさ、


続きを読む

【400字以内小説】#6 愛

「愛」

もしも私が殺人鬼だったとしよう。もしも私が地上のほとんど全部の人間を殺したのだとしよう。そして、とうとう最後の一人までも殺しえたとしよう。すると、私はこの地上に生きのびている唯一の人間なのだ、ということになる。それから、私は誰もこの私のことは殺してくれないのだとも悟る。そうしたら、ボロボロと涙を流すことだろう。誰か、誰か、私を殺して。そう叫ぶのだろうし、やがて現われる誰かに感謝することだろう。私を殺しに現われるその誰かは、きっと


続きを読む

【400字以内小説】#5 Jamming by Jam

「Jamming by Jam」

さて実験です。部屋に、瓶詰めのジャム、犬(できれば小型犬)、猫、ぬいぐるみの熊を置いて、そっと室外に出ましょう。ジャムは苺かラズベリー、そして蓋は外しておきましょう。帰宅は数時間後がよいです。部屋に戻ると……おや? ジャムが減っています。というか、ほぼ食べ尽くされています。では犯人はいったい何者なのか。あなたは犬をにらみます。その犬は思わず目をそらします。ついで猫もにらみます。猫は、そもそも目なんてもの


続きを読む